ブログBlog

アメリカの屋台でよくあるお菓子をつくりました。

今日の”Workshop”(ワークショップ)の時間は”Cooking”(クッキング)でした

Flour(小麦粉)
Eggs(たまご)
Milk(牛乳)
Baking powder(ベーキングパウダー)
Sugar(砂糖)
Oil(油)
Deep fly(揚げる)
Funnel(じょうご)
Festivals(お祭り)
Food stand(屋台)

使った材料や登場したキーワードはこれ。
先生たちがアメリカやカナダのお祭りでよく食べられている”Funnel cake”(ファンネルケーキ)を作ってくれました。

先生:”First, mix all the ingredients in a bowl.”(まずは、全部の材料をボウルの中で混ぜます)
先生:“What’s the first ingredient?”(最初の材料は?)
生徒さん:”Flour!”(小麦粉!)
先生:”Okay. Let’s put one cup of flour into the bowl. Who wants to do it?”(オーケー。小麦粉を1カップ、ボウルに入れようか。やりたい人?)

生徒さん達にも手伝ってもらいました。
材料を混ぜ終わったら、危ないので生徒さん達は離れて座って、先生達がファンネルケーキを揚げてくれました。

“Smells good.”(いい匂い)

という生徒さんもいれば

“I don’t like this smell.”(この匂い、好きじゃない)

という生徒さんもいました。

でも、出来あがったファンネルケーキを”Let’s eat!”(いただきます!)といって試してみると、どうやら美味しかったようで”More, please!”(もっとちょうだい!)や”Can I have one more?”(もう1個欲しい)と言っておかわりをしていましたね!!

日本ではなじみのないファンネルケーキ。
パンケーキのような、ドーナツのような、不思議な感じだったかな?

ナイトコースは時制についてとリーディングの勉強をしました。