ブログBlog

新しい取り組み?

いつもとは違うストーリータイム

Timmy rang the door bell of the house.(ティミーはその家のチャイムを鳴らしました)

A kind old lady came to the door and smiled.(やさしいおばあさんが玄関に来てほほえみました)

“Would you like me to rake up the leaves in your yard?”(「お庭の葉っぱを掃きましょうか?」)

“That would be very nice and I will pay you ten dollars!”(「それは素晴らしい。10ドル払うわよ!」)

いつもは6時30分ころから行っている”Story time”(ストーリータイム)を、今週は5時からに繰り上げて練習と発表をしています。

ストーリータイムが始まる前に帰ってしまう生徒さんたちは、初めての体験にドキドキ。

間違ったらどうしよう

全部を言えなかったらどうしよう

途中までしか覚えてないよ

大丈夫です。

例えば最初のセンテンス

Timmy rang the door bell of the house.

が正しいセンテンスですが、一語一句を正確に言えなくても大丈夫。

Timmy rang door bell.

聞いている人に言いたい事が通じたらOkayです。

諦めずにトライをしてみてね。