ブログBlog

5時のストーリータイム

今週いつもより早く5時からストーリータイムが始まっています。

Timmy rang the door bell of the house.(ティミーはその家のチャイムを鳴らしました)

A kind old lady came to the door and smiled.(やさしいおばあさんが玄関に来てほほえみました)

“Would you like me to rake up the leaves in your yard?”(「お庭の葉っぱを掃きましょうか?」)

“That would be very nice and I will pay you ten dollars!”(「それは素晴らしい。10ドル払うわよ!」)

最初は「えー?全員トライしなくちゃいけないの?」と、普段の6時30分からのストーリータイムに出られない生徒さんや、避けて来た生徒さんたちは不安そうにしていました。

全部をパーフェクトに言えなくても大丈夫

間違っても大丈夫

何度もやれば、やっただけ上手になるよ

繰り返しの先生たちからのアナウンスを「ホントだ」と実感しているようです。

2度目、3度目のトライになると、みんな自信がついてくるようで「練習したよ!」「半分言えるようになったよ!」「2ポイントもらったよ!」と、嬉しそうに話をしてくれています。

がんばってるね!!