ブログBlog

わからない言葉をどう表現する?

今日の”Art”(アート)のレッスン中の会話

今日は”Koi fish”(鯉)を描きました。

先生:“That’s it! There is your Koi fish.”(鯉の描きあがり)

先生:”You can color, draw different designs or add something in the background.”(色を塗っても、違うデザインを描いても、背景に何かを描いてもいいよ)

生徒さん:”What about… um… um…”(じゃあ、あれは?あの・・・あの・・・)

どうやら言いたい言葉が出て来ないようで、すぐに諦めてバイリンガルの先生に”How do you say 壺?”(「壺」ってなんていうの?)と聞いていたので、先生からアドバイス。

“Try using different words to explain the word you are trying to tell me.”(先生に伝えようとしている言葉を、違う言葉を使って説明してごらん)

「壺」から連想できる言葉はなんだろう?

Water(水)

Glass(ガラス)

Pot(容器)

Container(入れ物)

Case(入れ物)

Flower(花)

Like this(こういうの)

Looks like this(こういう見た目)

例えば”Glass, case, flower, like this”(ガラス、入れ物、花、こういうの)って説明すると伝わったりするよ。

「これ」という単語を知らなかったり、分からなかったりした時にぜひ知っている単語を並べたてて「説明」をする練習もしてみてね。

説明をする単語も思いつかなかったら”Like this”(こういうの)と言いながらジェスチャーをつけて表現するところから始めてみてね。

そうやってTryをしているうちに、いつの間にか知っている単語数が増えるからね!